BL感想✿


2200冊超え✧BL漫画・小説ストアごと冊数まとめ❀【2020/9/21】
★電子書籍についてまとめました。 よく利用する電子書籍ストアを比較してみた。※個人の意見です

 

コスメティック・プレイラバー/楢島さち

コスメティック・プレイラバー/楢島さち
【あらすじ】
「ダメとかやめてとか、案外可愛いこと言うんですね」
美容部員の棗は、後輩の佐橋と“ペア売り”をさせられている。仕事も棗のこともナメきっている佐橋に売上トップを奪われ、イライラしながらも先輩風を吹かせる棗だったが…。ある時ゲイがバレて脅されてしまい、無理やりセフレに!? しかも、うっかり佐橋の覚醒スイッチを押してしまって――「俺、本気になっていいですか?」
イラッとするのに、きゅんとしちゃって、メロメロぐずぐずなコスメカウンターの裏側! コミックス描き下ろしは濃厚キスが止まらない! 密室ラブえっち&電子限定描き下ろしのおまけマンガも収録!

出版社:ビーボーイ編集部
掲載誌・レーベル:ビーボーイコミックスデラックス
ページ数:247ページ
電子版発売日:2018年08月30日
紙の本の発売:2018年08月

各電子書籍試し読み↓
🔸コミックシーモア🔹Book Live!🔸Renta!
🔹honto🔸ebookjapan🔹kindle
🔸楽天kobo🔹ひかりTVブック
購入:ひかりTVブック

百貨店のコスメカウンターに勤める、腹黒王子x真面目王子のW王子。
最初は脅迫から始まり、キスもしない・職場でのセックス・抜き合いっていう
本当にただのセフレ関係だったふたり。
仕事はできるけど外面だけ良くて無気力だった佐橋さんが
棗さんのまっすぐな言葉でスイッチが入り、仕事にも意欲的に。
『――俺 棗さんに本気になっていいですか?』
いきなり路地に引き込まれいきなりキスされ、このセリフ。
セックスは迫らず、わかりやすく甘くなった佐橋さんがもはやただの王子様。(*ノ∀`*)w
でもちょっと怒って『本気だって言ったでしょ』がすごく好きでした。
無気力器用なイケメンが本気になったら最強説。:(*´////`*):

トラブルが起きてみんなが棗さんによそよそしかったときも、
佐橋さんだけはいつも通りで。
棗さんを信じて、支えて、助けて。
『俺も簡単に引き下がれないんですよ』
『この人もう俺のなんで』

王子ってかもうナイト。や、でもやっぱり王子。
もうときめきワードが多すぎて。
佐橋さんにときめきっぱなし。(*´Д`*)
ただ、棗さんが佐橋さんに迫られて真っ赤になってるのも
いじられてとろとろになってるのも可愛すぎて。
もう...トータルキュンキュンでした。(*゚∀゚*)w

読み切りでは棗さんに逆恨みして嫌がらせをしていた柿崎さんのお話が。
不器用で、プライドが高くて...コンプレックスの塊のような柿崎さんが、
酔っ払ってぐずぐずになっているときにもっとぐずぐずにされちゃうやつ。( ¯∀¯ )w
『誰より自分が嫌いでもがいてる圭ちゃん見てると 可哀想でゾクゾクするんだよ』
太客・西園寺さまにされるがまま。w
ただこれ...これだけ描くと金持ちの変態親父にいいようにされてる感あるけどw、
西園寺さまは若いイケメンです。(*´艸`*)
ただちょっと、柿崎さんの触れられたくないコンプレックス部分を言葉攻めして
プライドへし折りながら可愛がってくれる人なだけで。w
でもそれは柿崎さんの弱い部分まで全部愛してくれるってことで。
やったことは許されないことだけど、
棗さん目線から見たら柿崎さんってただの嫌な人だったのに
柿崎さん目線で見ると上手に頑張れないいじらしさが。
自分でもちゃんと弱さを自覚してるところも、何とも憎み切れない。(´-ω-`)
西園寺さまは『自業自得だねー』って緩くズバッとも言うけど、
ちゃんと柿崎さんのことも肯定してくれる。
西園寺さまにぐずぐずに愛されて、もっと柔軟に生きていければいいな。(*´ω`*)

楢島さち先生の新刊!
イケメン同士の絡みにたくさんキュンキュンさせて頂きました。(*´∀`人)
ほんと目の保養にもなるし心の保養にもなる。
絵がキレイでエロもエロくてとろとろにされちゃう受けの2人は可愛いし
そんなふたりを可愛がって、愛してくれる攻めのふたりはひたすらかっこいい。
tnkは白抜きでしたが、いろいろエロかったのでさほど気にならず。
ひたすらときめいてちょっと胸が熱いので、
この余韻のままさち先生の既刊本を読み返したいと思います。w
大満足な1冊でした。ヾ(*´∀`*)ノ


紙書籍
🔸Yahoo!🔹amazon🔸楽天ブックス
関連記事

Theme : ボーイズラブ * Genre : アニメ・コミック * Category : 楢島さち

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する