BL感想✿


訪問ありがとうございます!
商業BLの感想や購入リストなど❀
感想が追い付かなくて残せていない作品もたくさんあるので、もし購入リストに気になる作品があればお気軽にコメントやメールにてお聞き頂ければ嬉しいです♡
ブクログにて購入管理していますので、そちらもよろしければ✩

📖ブクログ

1400冊✧持っているBL漫画・小説を数えてみました♪【2019/9/27】
★電子書籍についてまとめました。 よく利用する電子書籍ストアを比較してみた。※個人の意見です

 

読書記録+補足①【BL小説4冊】

ブログだけじゃ全然感想が間に合わないので、簡単にですが読書記録としてTwitterに載せてたのをまとめました♪
文字数の関係で本当にざっくりなんですが...記録ってことで( ̄ω ̄;)ちょっと補足してるのもあります。

白狼王の愛嫁・白狼王の恋妻/櫛野ゆい・葛西リカコ
白狼王の愛嫁・白狼王の恋妻/櫛野ゆい・葛西リカコ
購入:ひかりTVブック
【あらすじ】
「お前の中に我が精を注ぎ、我が花嫁にする」狼の神を崇める国トゥルクードを訪れたアディヤは、突然城に連行される。「お前は百年に一度現れる特別な神子だ」と言われ困惑するアディヤ。その前に姿を現した王は、逞しい男の体に白銀の被毛をまとう狼の獣人だった! 傲慢な獣人王ウルスは怯え抗うアディヤを激しく抱く。初めて知る強烈に甘い快楽に蹂躙されたアディヤは、軟禁されるが…!? 獣人王と恋に落ちる!!


最初は傲慢で非情だと思ったウルスが、アディヤの涙に狼狽えるのがすっごい可愛かったー!アディヤの一喜一憂に尻尾ぱふぱふさせて喜んだり、オロオロしたりw愛されたい、と、受け入れられたい、と健気に願う。不器用なだけですごく愛情深くて優しくて強い。
『私が必ず守ってやる』その言葉の通り、どこにいても必ず見つけて救ってくれる。
移動するときは片腕に抱いて、座るのは膝の上。中々稀に見る溺愛っぷりでした(*ノ∀`*)
もっふもふで甘々だけどそれだけじゃなくって読み応えたっぷり!

恋知らずの甘いレシピ/川琴ゆい華・香坂あきほ
恋知らずの甘いレシピ/川琴ゆい華・香坂あきほ
購入:honto
【あらすじ】
七時五〇分から十分枠で、イケメンすぎる料理研究家・悠仁がお送りする大人気料理番組、「JINJINレシピ」。この番組には重大な秘密があった。実は悠仁は一切料理ができず、する気もないのだ。調理シーンを影武者として請け負う無名料理研究家の弐埜は無気力な悠仁を怒るが、逆に悠仁に気に入られ、振り回される羽目に。挙げ句、せがまれて行ったゲイナイトの帰りに「弐埜さんとセックスしたい」と悠仁にお願いされて!?


料理が全くできないのに『料理研究家』。芸歴だけは長い悠仁くんを売り出すためにの無茶なキャラ設定の影武者をすることになった、料理研究家(本当)の弐埜さん。
やる気のない我儘っ子だった悠仁くんが、弐埜さんに出会って人を思いやれる頑張り屋さんに成長していくのも、恋をしたことがなかったから無自覚のままヤキモチめっちゃ妬いてるのも、はっきり自覚してから溢れ出るように『好き』を連呼するのも可愛かった⸝⸝⸝⸝♡
普段強気な弐埜さんも、えちでトロットロになって全部を悠仁くんに委ねてる姿がたまらんでした(*´Д`*)
『こんな、いやじゃない苦しさってあるんだね』
弐埜さんの過去の恋愛歴がひどすぎて…💔同じ涙でも、悠仁くんの求める涙は甘くて良い♡

上司に溺愛されています/chi-co・桜城やや
上司に溺愛されています/chi-co・桜城やや
購入:Book Live!
【あらすじ】
人気企業に入社した幸弘だったが、トラブルから専務の沢村と同居することに!? 優しくて格好良い沢村にドキドキしっぱなしの幸弘だったが、社内行事でなんと沢村の「一日奴隷権」をGETしてしまい…!?


甘々っていうか…甘やかしがいい感じ♪
手を出すのも付き合うのも結構早かったし、特に波乱な展開もなく。策士な沢村さんに翻弄される純粋な幸弘くん。
最後まで安心してさらっと読めました( ´꒳​` )♡

軍人皇帝の寵花/つばき深玲・Ciel
軍神皇帝の寵花/つばき深玲・Ciel
購入:honto
【あらすじ】
予見の目を持ち国の為に生きる綸国后・伶藍は、綸国を侵略してきた隗国の皇帝・汪凱に宿る軍神を視てしまう。国を守るために汪凱に近づき軍神を調べる伶藍だが、次第に汪凱に惹かれ彼を軍神から解放したいと思い…。

【電子特別版】本編の後日談を描いたあまあまショートストーリーを電子版だけに特別収録!


「光明の神の生まれ変わり」として、伶藍が嫁いだ先の皇帝秀峰が胸糞レベルの最低野郎だった(*˘-ω-˘*)
でも汪凱の甘さに救われました♡最初こそムリヤリだったけど、1度も伶藍の外見を乏したりしなかった。それどころかずっと、美しいって。それだけだった。
男なのに幼い頃から妃になるため「娘」として育てられた伶藍が唯一、自分らしくいられる汪凱の存在。懐が広いっていうか、本当にいい男だった(*ノω`*)💕


関連カテゴリ:BL小説感想
関連記事

Theme : ボーイズラブ * Genre : アニメ・コミック * Category : 読書記録

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する