BL感想✿

1400冊✧持っているBL漫画・小説を数えてみました♪【2019/9/27】
★電子書籍についてまとめました。 よく利用する電子書籍ストアを比較してみた。※個人の意見です

 

【薔薇の宿命シリーズ/犬飼のの】KindleUnlimited読書記録③【BL小説6冊】

薔薇の宿命シリーズ/犬飼のの
【あらすじ】
赤い瞳、年をとらない身体――。 誰にも言えない秘密を抱えて生きてきた、調香師の香具山紲(かぐやませつ)は、都会を避け、軽井沢の別荘地でひっそりと暮らしていた。しかしそこへ、過去に最悪の別れ方をした元恋人のルイが姿を見せ驚愕する。 「次に私の前に現れれば殺す」 別れ際、酷い言葉を残したルイは、今も紲を憎んでいるはずだった。あれから百年近く経った今になってルイが現れたのは、裏切りにも似た過去の紲の決断を裁くためなのか、それとも……。 人間よりも麗しく、獣よりも狂おしい、人ならざる者たちの気高い愛の物語。

出版社:竹書房
掲載誌・レーベル:ラヴァーズ文庫
電子版発売日:2015年10月02日
紙の本の発売:2012年03月
※1作目「砕け散る薔薇の宿命」

些細な誤解から憎しみ合って、だけど憎み切れずにやっぱり愛し合って...。
最初からお互いの愛を信じていれば、変な意地を張らずにいれば、辛い思いもすることなく幸せに暮らせたのかなって思うけど、それだと本当の幸せじゃなくって。一緒にいた時間よりも離れていた時間の方が圧倒的に長い、吸血鬼のルイさんと淫魔の紲さん。
身分違いのふたりが何にも囚われることなく本当の幸せを手に入れるためには、過去の辛い出来事が全部必要なことだったんだなって最後に改めて思う。
とりあえずルイx紲のお話はここまでってことで4作目まで読みました!
ずっと紲さんを傍で支えてくれていた豹の獣人・蒼真さんがすっごい好きだった...!愛とかの概念がないって言うけど、少なくとも紲さんに対してはすごい愛に溢れてる人だった。どれだけ蒼真さんの存在に救われたか...🤦‍♀️
あともっふもふ♡もふもふしたい(*´﹃`*)💕
辛い場面もあったりしたけど、最後はしっかり収まってくれて本当に良かった(*´ω`*)✨
シリーズのあと2作はふたりのお子たちのお話らしいのでそっちも楽しみ(*´▽`*)❀


慈愛の翼~紫眼の豹と漆黒の鳥~/犬飼のの
慈愛の翼~紫眼の豹と漆黒の鳥~/犬飼のの
【あらすじ】
『天使を見つけたら即、城へ献上せよ』 美しい幻の種族として伝えられるバーディアンの生き残り・ユーリは、森の湖で貴族悪魔の豹・蒼真と出くわす。狩る者と狩られる者、絶体絶命の状況でユーリはケガを負ってしまうが、そんなユーリを蒼真は狩らずに助ける。 「天使を食う趣味はないんでね」 悪魔の掟に背き、傷が癒える間だけ、誰にも秘密で山小屋にかくまわれたユーリだが、ときおり現れる蒼真の『狩人』の瞳に追い詰められ――。 深い森の中、出会ってはいけない者同士が惹かれ合い、そこから禁断の運命が動き出す。

出版社:竹書房
掲載誌・レーベル:ラヴァーズ文庫
電子版発売日:2015年10月02日
紙の本の発売:2014年01月

シリーズ5作目。豹の獣人・蒼真さんのお話でした♡
本編の読書記録を残したとき、次はお子たちのお話...なんて何で思ったのか( ̄▽ ̄;)タイトル見れば違うってわかるのにw
「漆黒の鳥」こと、鳥人・バーディアンの王子、ユーリさんが蒼真さんの番になります♪ちなみに本編(?)には出てきてなかったけど、時系列的には女王を倒す前からの繋がりが。
「愛だの恋だのを理解できない」「男を抱く趣味はない」って言っていつものらりくらりとしていた蒼真さんがユーリさんを初めて抱いたときの激しさとか獣感がすっごく良かった...!
最初は「遊び人が初心な子に手を出して本気にされちゃった」的なふたりだったけど、いろいろ考えながらも禁忌を犯してまでユーリさんを囲っていた蒼真さんの想いは確かにあったし、抱かれずとも堕天してしまったユーリさんもまた同じで。一緒に過ごした期間はたったの10日間だけだったけど、いつになるかも、守られるかもわからない約束をして離れ、また出会い、迷わず番になる道を選んだふたり。
捕食者と捕獲対象者っていう種族の違いでの争いがあったり、何よりも小さな頃から蒼真さん慕っていた、蒼真さんの甥っ子の馨くんがはっきり失恋することになっちゃうんだけど(´◦ω◦`)
それはまた6作目で。
初心で健気なユーリさんは可愛いし、改めて蒼真さんの優しさと愛情深さを確認できました(*´▽`*)❀


蜜毒の罠~薔薇の王と危険な恋人~/犬飼のの
蜜毒の罠~薔薇の王と危険な恋人~/犬飼のの
【あらすじ】
ごく普通の大学生・鷹上理玖(たかがみりく)は、幼なじみである雛木馨(ひなきかおる)の重大な秘密を知っている。それと同時に、自分が持っている危険な秘密も隠していた。目的のため、小学生時代から親友を装い、警戒心と勘の鋭い馨をうまく騙せている、はずだった…。 しかし、些細なことが原因で、10年以上隠し通してきた理玖の秘密が、すべて馨にバレてしまう。姿を消す理玖と、それを追う馨…。生まれ持った運命に逆らうことを決意した、ふたりが出した答えとは――。

出版社:竹書房
掲載誌・レーベル:ラヴァーズ文庫
電子版発売日:2015年10月02日
紙の本の発売:2014年05月

シリーズ6作目。今度こそ、ルイさんと紲さんの子供で魔族の新の王でもある、馨くんのお話です♪
何と、本編(?)でチラッと出て来てた子が、ここでやっと繋がります。
馨くんの恋人の理玖くんが、最初に馨くんに近付いた理由とか、血の秘密とか...これまた簡単に幸せになれるわけじゃないんだけど。蒼真さんを想いながらも、理玖くんを恋人として傍に置いていた馨くんの身勝手さと理玖くんの切なくて悲しい、馨くんへの想いが(´тωт`)。゚
自分でも気付かずに心にあった傲慢さと、「最強の王」である自分への驕り。それを自覚してからの馨くんは、ただ理玖くんを刹那に想う素敵な男の子になっていました。
ある意味誰よりも人間らしい、魔族の王様。恋人とおもちゃを使った羞恥プレイやハメ撮りまでしちゃう何とも変たi...人間くさい魔族の王様。
このふたりの幸せが見れるその後が読みたい...!!
バーディアンへの救いも出てきたし、続編出ないかなー( ˘ω˘)💕





関連カテゴリ:BL小説感想
関連記事

Theme : ボーイズラブ * Genre : アニメ・コミック * Category : 読書記録

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する