BL感想✿

1400冊✧持っているBL漫画・小説を数えてみました♪【2019/9/27】
★電子書籍についてまとめました。 よく利用する電子書籍ストアを比較してみた。※個人の意見です

 

【BL小説】サーベルタイガーの獣愛/櫛野ゆい・九重シャム

サーベルタイガーの獣愛/櫛野ゆい・九重シャム
【あらすじ】
『赤い満月がのぼる夜、獣人族は恋する相手に発情する』父王の側室に国を追われた王子ルシュカは、最強の戦闘民族・サーベルタイガー獣人族の族長ディオルクに助けられ、心を通わせる。「お前のように小さく愛らしい人間に触れたら、壊しそうで怖い」と過保護ぶりを発揮するディオルクだが、赤い満月の夜ルシュカは、発情し理性を失った彼に無理やり抱かれ…! 愛しさと独占欲を抑えられず苦しむディオルク。獣である彼に怯えつつも惹かれていくルシュカ。二人の恋の行方は!?

出版社:リブレ
掲載誌・レーベル:ビーボーイノベルズ
電子版発売日:2017年01月19日
紙の本の発売:2016年06月

各電子書籍試し読み↓
🔸コミックシーモア🔹Book Live!🔸Renta!
🔹honto🔸ebookjapan🔹kindle
🔸楽天kobo🔹ひかりTVブック
購入:ひかりTVブック

最初は相手にもしてなかったのに、国のために必死に頑張るルシュカに心を許し、懐に入れてからのディオルクの甘やかしがすっごく好き(///ˊㅿˋ///)♥
獣人x人間の体格差だからできる、片腕腰掛け抱っこが大好きなので移動は大体それ+座るときは膝の上、だけど恋人未満な関係が堪りません♡
ディオルクはわかりやすくルシュカを愛でてるけど、恋愛未経験のルシュカは、父や兄に対する敬愛とは違うディオルクへの気持ちに頭が追い付かなくて。そんな状態なのに赤い満月の夜、「オラーン・サランの発情」のせいでムリヤリに結ばれたふたり。
最初は、人間とは違う巨躯、大きな牙、黒く鋭い爪...その姿に怯えていたけど、ディオルクの優しさに触れてそれもなくなっていたのに。
『怯えてしまうのは当然だ』
そう言いながらも悲しそうだったディオルクが、
『お前はもう、俺が怖くないのか...』
って、喜んでいたのに。
発情のせいだとわかっていても、どんなにディオルクに謝られても、力づくで抱かれた恐怖はなくならなくて。
せっかく縮まっていたふたりの距離が広がるのが辛かった(´тωт`)。゚
だけど、「オラーン・サランの発情」が起きる本当の理由とルシュカを怖がらせないように近付かず、ただ陰でルシュカを守るディオルクの誠実さが。゚(゚´Д`゚)゚。

『ルシュカは、俺のものだ......!』
一国の王子であるルシュカと、サーベルタイガー族・族長のディオルク。お互いが責任のある立場であること、種族が違う上に男同士であること、、簡単には一緒になれないはずのふたりを結びつけたのは、誰にも抑えられない、ディオルクの愛と執着だった。
初めてのセックスは本当に本能のまま、獣の交尾のように激しいだけだったけど、2度目はしっかり♡
サーベルタイガーの大きな牙を使ったプレイなんて贅沢すぎる(*゜∀゜*)!w爪が鋭いから、ほぐすのは全部大きくて太い舌。濃厚で甘くて激しくて。抱き潰された次の日のルシュカの世話を甲斐甲斐しくやくところまでセットで、本当に最高でした(*ノ∀`*)

いつもルシュカを守ってくれるディオルクと、小さく愛らしいのに勇敢なルシュカ。
最初はバラバラだったのに一緒に旅をして、一度離れてまた一緒になって...優しくて甘やかし好き、だけどすごく嫉妬深いディオルクの愛♡
ちょっとの間積んでて、昨日やっと読めて...軽く読書記録で残そうと思ってたのに、またじっくり読んじゃってちょっと長くなってしまいましたw本当にディオルクの愛は甘いしルシュカはいい子だし...(*´Д`*)♡重すぎず暗すぎず、ストーリーもしっかり。
私もオススメ頂いて読んだんですが、ケモ+溺愛好きの方にはぜひとも読んで頂きたいです...!
ちなみに櫛野先生の獣人攻めは白狼王の愛嫁・白狼王の恋妻/櫛野ゆい・葛西リカコも。
読書記録で残したので他作品もありますがw
これまた良き甘やかし♡片腕腰掛け抱っこもありますよ(*´艸`*)
櫛野先生は何作か読んでいますが、溺愛甘々が本当に素晴らしい。ケモも多くて更に好き(*´﹃`*)♡
ユキヒョウの獣愛も読んだので、また近々残したいと思います(*´▽`*)❀


紙書籍
🔸アニメイトオンライン🔹amazon🔸楽天ブックス
関連記事

Theme : ボーイズラブ * Genre : アニメ・コミック * Category : BL小説感想

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する