BL感想✿


2200冊超え✧BL漫画・小説ストアごと冊数まとめ❀【2020/9/21】
★電子書籍についてまとめました。 よく利用する電子書籍ストアを比較してみた。※個人の意見です

 

【BL小説】DEADROCK/英田サキ・高階佑【3冊】

【BL小説】DEADROCK/英田サキ・高階佑【3冊】
【あらすじ】
同僚殺しの冤罪で、刑務所に収監された麻薬捜査官のユウト。監獄から出る手段はただひとつ、潜伏中のテロリストの正体を暴くこと――!! 密命を帯びたユウトだが、端整な容貌と長身の持ち主でギャングも一目置く同房のディックは、クールな態度を崩さない。しかも「おまえは自分の容姿を自覚しろ」と突然キスされて…!? 囚人たちの欲望が渦巻くデッドエンドLOVE!! 

出版社:徳間書店Chara
掲載誌・レーベル:キャラ文庫
電子版発売日:2012年05月25日
紙の本の発売:2006年09月

各電子書籍試し読み↓
🔸コミックシーモア🔹Book Live!🔸Renta!
🔹honto🔸ebookjapan🔹kindle
🔸楽天kobo🔹ひかりTVブック
購入:ひかりTVブック

結構オススメしてもらっていたのに、中々手を出せずにいたシリーズのひとつ。
ほんと、みんなが言うように長編の海外ドラマを観終わった後のような読了感です。
囚人として刑務所で出会ったディックとユウト。
愛し合っているのに共にいられないふたりが、百年の愛を語るまで。

憎しみと復讐心だけを胸に生きてきたディックが、唯一心乱される相手...見え隠れするユウトへの想いと嫉妬深さがもう(´;ω;`)
どんなにひどい言葉をぶつけられても、冷たい目で見られても、ディックの真意を信じるユウトの想いが本当に強くて。
冤罪で囚人となったユウトが、刑務所内やディックと繋がるために決意した捜査の中で出会った、かけがえのない人たちとの絆も泣ける...ロブがいい人すぎて、ユウトのディックへの想いにまた切なくなる(´тωт`)。゚

加害者っていう立場でも、子供のときから歪んだ世界で意図的に歪んだ思考で育てられた被害者で。ある意味1番純粋な心を持っていたんじゃないかなって思うと、何ともやるせない気持ちに。
涙が流せない、人を思いやる感情が欠落しているって言っても、名前を使うってことはやっぱり特別な感情があったんだよね...。命に対する価値観が土台から違うのも、本人の責任じゃないし、、間違っても賛同はできないけど、悲しくなる。

『お前なしで、俺は幸せになんてなれない』
臆病故の思い込みでの言葉と心の食い違いがもどかしくて、水平線からの朝日のシーンは切なくて。
やっと素直に求め合えたふたりには涙が止まりませんでした。
更にその後のふたりのやり取りが幸せすぎて、ディックが可愛すぎてたまりません(*´Д`*)

溺愛甘々ハピエン主義なので、読んでて苦しくなりそうな作品は読むまでにちょっと時間がかかるんだけど、読み始めたら止まらなくて...!一気に読んでしまいました。
1巻は刑務所内なので、脳内再生の背景は完全にラッキードッグ( ¯ω¯ )w
いつもネタバレ全開ですが、これは下手に名前も挙げれないくらいネタバレしたくないです。(最後のとこはちょっとしちゃったけど)
読んでる間、しんどいところもたくさんあったけど、読めて良かった!
とりあえず本編?は全部読みましたが、まだまだシリーズあるみたいなのでこれから全部読もうと思います♪
英田サキ先生初読みでした★他作品も読みたいな.‹‹\(´ω` )/››


紙書籍
🔸アニメイトオンライン🔹amazon🔸楽天ブックス

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ

関連記事

Theme : ボーイズラブ * Genre : アニメ・コミック * Category : BL小説感想

* Comment : (1)

管理人のみ閲覧できます * by -

コメント









管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-06-29 * [ 編集 ]