BL感想✿

1400冊✧持っているBL漫画・小説を数えてみました♪【2019/9/27】
★電子書籍についてまとめました。 よく利用する電子書籍ストアを比較してみた。※個人の意見です

 

【BL小説】キスと小鳥/間之あまの・蓮川愛✿イラスト有

【BL小説】キスと小鳥/間之あまの・蓮川愛✿イラスト有
【あらすじ】
六年前の夏休み、日向は人懐っこい小鳥を通じて不思議な青年リヒトと出会い、恋に落ちる。しかし、初めてのキスをした夜を最後に彼は消えてしまい――。月日が流れ、大学生になった日向が見つけたのは日向のことを覚えていない「利仁」だった。過去とは別人のような彼と同居して「夜のお世話」まですることになり……!?

出版社:幻冬舎コミックス
掲載誌・レーベル:幻冬舎ルチル文庫
電子版発売日:2018年08月20日
紙の本の発売:2018年08月20日

各電子書籍試し読み↓
🔸コミックシーモア🔹Book Live!🔸Renta!
🔹honto🔸ebookjapan🔹kindle
🔸楽天kobo🔹ひかりTVブック

恋とうさぎのスピン元♡いちゃいちゃしていた社長の利仁さんと、小鳥さんこと日向くんの、淡く切ない出会いと再会、甘々な日々と苦いすれ違い。だけど最後はやっぱり甘く幸せな日々です(*´ω`*)❀

『必ず会いに行く』
一緒に過ごした、1ヶ月程度の短い期間。ただ1度きりのキス。
また会える日を健気に待ち続け、6年間忘れることなくリヒトさんを想い続けた日向くんの一途な想いがいじらしすぎる...!(*ノД`*)
再会した利仁さんは全て忘れてしまっていたけど、同じように大切にしていたリヒトさんの想いもまた。
根本的なところで誤解があるせいで食い違い、不穏なこともあったけど...言葉がないだけで利仁さんの溺愛っぷりは糖度高め♡
だけどその「言葉」がないからこその切ない展開が本当に辛かった...だけど利仁さんも理不尽に怒ってるわけじゃなくて日向くんが好きだからこその嫉妬心で、更に子供みたいな拗ね方をする利仁さんが可愛くて...しんどいと可愛いのごちゃ混ぜでした。本当に。
恋とうさぎのときにチラッと書かれていた「過去の無体」も、、朝から甲斐甲斐しかっただけ相模原さんより全然良かったかな;( ;´꒳`;):w
傲慢俺様だった利仁さんが日向くんの可愛いお尻にしっかり敷かれてる姿はもう可愛いしかない♡

こちらがスピン元ですが、どちらから読んでも問題なく楽しめます♡ただ恋とうさぎを先に読んでると、こっちで相模原さんが日向くんを口説いてるのを見るとちょっとモヤモヤするwそこまでガチな感じの口説きじゃないにしても...ねぇ(´-ω-`)(どうしようもないモヤモヤw)
相模原さんの「例のアレ」についての伏線もしっかり✧

恋とうさぎを読んで、間違いなく可愛い予感しかしなくてこちらも読みましたが...期待以上に可愛くて♡日向くんの健気さが本当にもう...。真っ白いパズルに縋る理由が特に。それをムキになって怒る利仁さんに対しては、若干の怒りを覚えましたよ。誰のことだと思ってるんじゃ!!ヽ(`Д´)ノってね。
だけどやるせない気持ちもわかる~...どう見ても両想いなのにすれ違っちゃうふたりをハラハラしながら見守るおばちゃんの気分でした(ˉ ˘ ˉ; )(そのまま)
まあ、何はともあれ読了感はもちろん幸せです♡だって間之先生ですもの♡
積み本にも間之先生増えたし、近々読まないと♪


紙書籍
🔸アニメイトオンライン🔹amazon🔸楽天ブックス
🔹Yahoo!


関連記事

Theme : ボーイズラブ * Genre : アニメ・コミック * Category : BL小説感想

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する