BL感想✿


2200冊超え✧BL漫画・小説ストアごと冊数まとめ❀【2020/9/21】
★電子書籍についてまとめました。 よく利用する電子書籍ストアを比較してみた。※個人の意見です

 

恋つがいシリーズ/成瀬かの・みずかねりょう

黒獅子パパの恋つがい
黒獅子パパの恋つがい

らすじ】
ある日突然魔方陣によって獣人の住む異世界に召喚された楓。そこで獅子の子を助けた縁で孤児を育てる獅子の村の長・ヴァルトと暮らすようになり、自分の居場所を見つけるが、獣人と争う人族との争いに巻き込まれ!?

出版社:KADOKAWA
掲載誌・レーベル:角川ルビー文庫
電子版発売日:2019年03月01日
紙の本の発売:2019年03月01日
購入:ひかりTVブック

獣人族のいる世界へ、異世界トリップ✩

『俺の庇護の下、おまえはずっと可愛いワキーナのままでいろ。』
人族を恨む獣人族たちからの向けられる憎悪の中で、族のトップ・黒獅子ヴァルトの寵愛が甘くて子獅子たちは可愛い♡
いつだってデキが良すぎる双子の片割れ・響の影になり“劣化版”として扱われ、親にすら自分を見てもらえない人生を送っていた楓が、初めて「自分の存在」を感じながら懸命に頑張る姿に心打たれる。言葉が通じない世界で、少しずつ言葉を覚えてカタコトで話す姿もいじらしい。

溺愛とちびもふで可愛さいっぱい!
ただ、結構やばい勢いで楓に執着していた響の楓が突然消えた後の行動とかその執着の意味とか、チートな能力プラスで召喚された理由はわかったけどそもそも何で楓だったのか、とか正直スッキリしないっていうか物足りない部分もちょっとだけ。そこはスピンオフ・黒猫皇子の恋つがいにて。

黒猫皇子の恋つがい
黒猫皇子の恋つがい

らすじ】
ある日突然、勇者として異世界に召喚された響。けれど勇者としての力は目覚めず、夜に訪れる黒猫だけが心の支えだった。ある時、響は虐げられた獣人の奴隷を匿うが、それに嫉妬した黒猫が突然人型に変身して…!?

出版社:KADOKAWA
掲載誌・レーベル:角川ルビー文庫
電子版発売日:2019年09月01日
紙の本の発売:2019年09月01日
購入:ひかりTVブック

『傍にいて欲しいんだ』
『俺のものになれ、響』

楓が召喚された一月後、楓の召喚に「失敗」した人族によって代替品として召喚された響が勇者としての協力を強要されている中、響を癒してくれた1匹の黒猫。
くろにゃんとしてのクロムも可愛いしかっこよかったけど、「本当の姿」もかっこよかった⸝⸝⸝♡

ふたりが召喚された理由でもあった、獣人族・魔族・人族の争いにもしっかり終止符を。

正直、悪気のなかった子供時代も含め楓への過保護すぎる愛情のせいで辛い思いばかりさせていた響を好きにはなれなかったけど。楓が響を前にちゃんと自分の気持ちを伝えたことでちょっとは気持ちがスッキリです。
傷付けていることにも気付かず、一方的な愛情ばかりを押し付けてきたことへの報復みたいなのは受けたんじゃないかな。



続編があることを知らず、黒獅子パパ~だけを読んだ後は本当にモヤモヤしてて続編出るの待とう!とか思ってたので、スピンオフの存在に気付けて良かったです。本当に。
気になっていたところがほぼ回収されたので読了感のモヤモヤはなくなりました。
ぜひ読むときは2冊まとめて読むことを強くオススメします!

ただ、お話的にはセットだけど、やっぱりヴァルトと楓のカプの方が個人的には好き。
いつもブログを読んでくださってる方はご存知だと思いますが...私は結構強めの受モンペでして。
響が楓を傷付けてきたってところがどうしても気になるんです。
「他の人に手を出されないように」
「守りたくて」

とか、兄弟に限らず大好きな執着なんですが、それならその分だけ最優先に愛さなきゃいけないと思うんですよね。それなのに響は執着するだけ執着して、優先順位は自分の方が上みたいなのが感じられたのでそこがどうにも。
でもクロムの愛し方は大好き。だからこそ響のことも好きになりたかったっていう気持ちが強いです。
誰が悪いって言ったら完全にふたりの両親が悪いし、響もある意味被害者だからなぁ...

って細かい上にうるさいことを書いてしまいましたが、あくまでも私個人の感想なので;( ;´꒳`;):
サラッと読めるので獣人・溺愛・異世界好きの方や、小説が読み始めの方にはオススメです✩


電子イラスト有✿
黒獅子パパの恋つがい
コミックシーモアひかりTVブック
Book Live!楽天kobo
kindleアニメイト

電子イラスト有✿
黒猫皇子の恋つがい
コミックシーモアひかりTVブック
Book Live!楽天kobo
kindleアニメイト

最後まで読んで頂きありがとうございました!(ㅅ´³`)❥❥
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ

ランキング参加しています♬
ポチッとして頂けると嬉しいです┏○))

関連記事

Theme : ボーイズラブ * Genre : アニメ・コミック * Category : BL小説感想

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する