BL感想✿


1400冊✧持っているBL漫画・小説を数えてみました♪【2019/9/27】
★電子書籍についてまとめました。 よく利用する電子書籍ストアを比較してみた。※個人の意見です

 

王と獣騎士の聖約/かわい恋・小椋ムク

王と獣騎士の聖約/かわい恋・小椋ムク

らすじ】
たかが隣国との親善試合、けれど負ければ民も領土も奪われてしまう――。雌雄を決する試合直前、頼みの騎士に逃げられ、命運尽きかけた若き王・ユリウス。家臣の大反対を押し切り、唯一の望みを賭けたのは、最強の魔獣――同族喰いとして忌み嫌われる、黒獅子の始祖だった!! 「俺の力が欲しければ、お前の精気を喰わせろ」危急存亡の時、屈辱を呑んだユリウスは、穢れた獣と契約を交わして!?

出版社:徳間書店Chara
掲載誌・レーベル:キャラ文庫
電子版発売日:2020年01月17日
紙の本の発売:2019年12月20日
SS付き電子限定版✿イラスト有
コミックシーモアRenta!
ひかりTVブックBook Live!
楽天kobokindleアニメイトオンライン


⋆“穢れた獣”黒獅子x国を想う若き王⋆

『一生お前だけの獣だ』
「同族喰い」として忌み嫌われる黒獅子の最後の始祖・ネヴィルの、ユリウスへの恩義から変わる愛情がほろ苦甘い♡

十代で先代王である父を亡くし、若くして王になったことで背負った国の命運。必死になる余り、上手く人に頼ることができなかったユリウスを支え、護ってくれる黒獅子が強くてかっこよくってもっふもふ...!!
「同族喰い」の真意、ひとり生き残ったネヴィルの孤独。人に恐れられても表情を変えないネヴィルがユリウスだけに見せる気の抜けた姿が可愛くって『疲れる』と言いながらも何だかんだと面倒見がいいところが好き。
最初にユリウスに持ち掛けた「条件」に隠されたネヴィルの執着と、そんなネヴィルを恋しく想い「黒獅子としての最高の愛情表現」を誓うユリウスの愛情。
“獣”として愛し合うふたりの姿が尊くて愛おしい。

自業自得とは言えイルギルに誑かされ、操られたクロードが哀れで仕方がないけど、その悪の根源を自分自身で断ったことには敬意を。
失ったからこそ、得られた存在。国を愛する大切な人たち。
王として、聖騎士として、国を守るユリウスの傍にはいつだってネヴィルがいる。
生涯の番となったネヴィルの愛が甘くて情熱的な閨での求愛にキュンキュンが止まりません♡

いつも溺愛甘々なかわい恋先生、今回はちょっとほろ苦テイストだった気がします。最終的には甘々でしたが。
エロ多め、もふもふ黒獅子との獣姦も有り✩
チビ黒獅子可愛かったな~♡♡
中世ヨーロッパをイメージさせる、キレイな作品でした✿(※私の少ない知識の中でのイメージです)


最後まで読んで頂きありがとうございました!(ㅅ´³`)❥❥
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ

ランキング参加しています♬
ポチッとして頂けると嬉しいです┏○))


関連記事

Theme : ボーイズラブ * Genre : アニメ・コミック * Category : BL小説感想

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する