BL感想✿


2200冊超え✧BL漫画・小説ストアごと冊数まとめ❀【2020/9/21】
★電子書籍についてまとめました。 各電子書籍比較【2020年】まとめ❀

 

新妻くんと新夫くん おかわり/蔓沢つた子

らすじ】
売れっ子ホスト・新夫 翔と超人気作家・新妻さとし。
泥酔して口説いてしまい、一目惚れされてから始まった関係。
相変わらず大好きオーラ全開で危なっかしい新妻、野放しにしておくと何をしでかすかわからない、と渋々ながらも世話を焼いてしまう面倒見がいい新夫だった。

プラトニックラブを求め続ける新妻に反して天井知らずな性欲モンスター・新夫との攻防戦は新妻の扱い方を心得ている新夫によって毎度くんずほぐれつを繰り返している。

休みの日に一緒にでかけたりと恋人らしい生活ながら、ふたりに忍び寄る影にドタバタ同棲生活は波乱の予感!?!?

世話焼き俺様ホスト×キモかわヤンデレ作家
愛の押問答★★★
★単行本カバー下画像収録★

出版社:竹書房
掲載誌・レーベル:バンブーコミックス Qpaコレクション
電子版発売日:2020年10月17日
紙の本の発売:2020年10月17日

大好きなヤンデレラブコメ、まさかのおかわりがすっっっごく幸せでした♡♡

翔くんモンペ(過激派)さとしさんの奇行も変わらず、翔くんのさとしさんへの態度も相変わらずぞんざいだけど愛情は一層深くなっていて何だかんだダダ洩れな嫉妬心独占欲が堪らないです。
ふたりの住むマンションに届く怪しい荷物、さとしさんに近付く粘着男によるモテ期到来で警察沙汰スレッスレなのに一切深刻にならない空気がすごいww

珍妙な出会いをしたあの日のコイツが何の立場もない家無しだったとしても
なんとなくこの生活に行き着いてた気がする

酔っ払って口説いてしまったことで繋がった縁。
勝手に合鍵作って居ついたさとしさんの素性を全く気にしなかった最初とはまたちょっと違うかもしれないけど、収入や立場とかのオプションなんて関係ないと思えるほどに一緒にいることが自然なふたりがすごく好き。
『お前の答えは『はい』以外ないだろ』
5年ごとに遺影撮影をして、お墓も買って。早すぎる終活も、さとしさんの暴走も、ふたりらしくていい。
素直に愛を伝えてくれる翔くんの甘さはもう...!!!!!

今回、本来ならもう読むことができないはずの同人誌や小冊子が再録されていて、大好きなふたりのイチャイチャをこの分厚さで読むことができて本当に嬉しかった!
こっちに戻ってきて最初の頃につた子先生の作品に出会って一気に大好きになって、全部揃えた中にあったくさかんむりに化けると書いてに、表題作のリンク作品として載っていたこのお話。
表題作: ⋆愛したがり絶倫x愛されたがりとうふメンタル⋆
お付き合いするふたりの甘いちゃ生活♡

そこからコミックスになって
同時収録: ⋆変態後輩ワンコx純情ランジェリーリーマン⋆
ワンコの溺愛が可愛いピュアエロラブ♡

今回のおかわりの発売。
出会いの仕方も馴れ初めもちょーっとヤバいけど、さとしさんの翔くんラブっぷりはずっと変わらず。
翔くんはプラトニックラブを求めるさとしさんにいつも無体を強いるし酷い言葉もかけるし一見クズいのに、絶対にさとしさんが本当に傷付くようなことはしない。中を見えればただの意地っ張り溺愛
浮気しない・枕しない・ムリな営業をしないホストの鏡です✩
匂いが好きっていう本能的なものから、一緒になってみるみる上達したさとしさんのご飯に胃袋しっかり掴まれて、顔面偏差値底辺とか言いながらもさとしさんの笑顔が好きですぐムラッとしちゃうのめっちゃ可愛い。
さとしさんが弱っているとき、ただただ甘やかしてくれる翔くんの甲斐甲斐しいお世話が本当に好き...


くさかんむり~が6年前の作品なので絵の変化もありますが、かっこよさも可愛さも倍増♡
今回、最初から読み返したのでサラッとシリーズまとめましたが、未読の方にはぜひとも最初から読んで頂きたいです。
ちなみにくさかんむり~シーモア修正ナシ(変更がなければ)、新妻くんと新夫くんBookLive!白抜きでした。
今までのも今回のも、エロがたっぷりなので電子で購入される際は、Renta!をオススメします!試し読みでもわかりますが、修正が紙と一緒なので。
BookLive!の白抜きも形があるだけマシなんですけどね。tnkの形を重視される方はぜひRenta!でどうぞ♡
好物シリーズ自己パロまである贅沢な1冊です❀

電子限定特典付き✿
新妻くんと新夫くん おかわり/蔓沢つた子
コミックシーモアRenta!
ひかりTVブックBook Live!
楽天kobokindle
アニメイト

最後まで読んで頂きありがとうございました!(ㅅ´³`)❥❥
関連記事

Theme : ボーイズラブ * Genre : アニメ・コミック * Category : 蔓沢つた子

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する